トップページへ

夢を想像しよう

夢を現実にする次のステップは想像力を使うこと。
夢がかなった瞬間を1日5分間、イメージしてみましょう。

 

一番にかなえたい夢が決まったら、今度はその夢を実際に絵に描いてみましょう。
心の中にあるビジョンをはっきり具体的に描くことは大切です。
「絵がうまく書けない」という人は写真や雑誌を切り抜きを貼ってもかまいません。
ここで大切なのは楽しんで描いたり、貼ったりすることです。
では、ペンとノートを取り出して夢をかなえたときの自分の姿を想像しながら、楽しんで描いてみてください。

 

<夢の絵の描き方>
1.絵の中心に、自分の姿を描く
2.周りの情景をできるだけ具体的に描く(場所、人、そばにあるもの)

 

1日1回寝る前に、あなたが描いた絵を頭の中でイメージし、その中から次のことを感じとってみましょう。
音は聞こえてきますか?
周りに何が見えますか?
あなた以外に誰かいますか?
何か香りはしますか?
体で何か感じますか? 暑い、寒い、etc.

 

想像力がないわという人も、毎日くり返しイメージしていくとそこから感じる色、音、香りがだんだん鮮明になっていきます。使えば使うほど想像力は増す・・・・・そう、想像力とは筋力トレーニングのようなものなのです。ですから1日5分間、夢をかなった自分の姿をイメージする練習をしてみましょう。